19年前、私は阪神淡路大震災で被災しました。

そして多くの友人達、大切なものを一瞬にして失いました。

いま思い返しても、つらい思い出しかありません。

 

人ひとり死ぬことがどんなにツラいことか、  

それまでの人生で、命の大切さを学んできたつもりでしたが、

この震災で6,400人余りの人が

同時に命を失うという現実を前にして、

自分の命の儚さを痛感しました。


ちょっと思想がかっていると思われるかも知れませんが、

私には何かやらなければならないことがあって、

生かされたんだと思っています。

それを確かめるため、

見つけるために、

この震災で生き延びた命を大切にし、

意味のある人生を築きたいと思います。

ストロングマンチャレンジ 実行委員会 作成